HOME >> 段ボールパッケージを検証 >> 段ボールパッケージで経費削減

段ボールパッケージで経費削減

近年では、アメリカ合衆国の不況のあおりで世界規模の不況が続いています。

日本でも倒産を余儀なくされた企業が相次ぎ、失業者が多くなって社会問題にもなっています。

このような不況を乗り越えるためには、まずは経費を削減しなければなりません。

大した金額でない経費も積み積もれば、大きな金額になります。

例えば、梱包資材です。

梱包資材は、商品を安全に運ぶ大切なものですから、とても大切なものです。

ですから、プラスチックの容器などを利用されている企業も多いですが、最近では段ボールパッケージもとても丈夫になっていますので、切り替えてみてはいかがでしょうか。

段ボールパッケージは紙でできていますから、当然、プラスチックより安く済みます。

中に入れるものが割れ物なら、しきりを工夫することで解決できますし、濡れてしまう物でも、防水加工が施されている段ボールパッケージを利用すれば大丈夫です。

段ボールパッケージでは絶対に無理と思われていた物も、最近では対応できるようになっていますので、是非検討してみましょう。

経費削減のためには、段ボールパッケージを業者に注文する時は、多めに注文するなどの工夫も必要です。

一般的に、注文の数が多くなればなるほど、段ボールパッケージの価格は安くなります。

段ボールパッケージの業者にもよりますが、その価格は半額近く安くなるそうです。

半額は大きいですね。

近い将来に段ボールパッケージの使う数を見越して、一度に作っておくと良いでしょう。

それと、段ボールパッケージの印刷も経費を削減したいなら、1色刷りが断然安いので、1色刷りに抑えるようにしましょう。

また、段ボールパッケージの大きさが大きければ大きいほど価格が高くなってしまいますので、無駄に大きな段ボールパッケージを作るのは控えるようにしましょう。

段ボールパッケージはみかん箱サイズが一番ポピュラーなサイズで、このサイズの段ボールパッケージが一番安く、しかも早く製造できるそうです。

参考にしてください。

ロングセラー段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。