HOME >> 段ボールパッケージを検証 >> おすすめの段ボールパッケージ(1)

おすすめの段ボールパッケージ(1)

段ボールパッケージは、100年以上に渡りロングセラーを続けていますので、本当に様々な種類があります。

中に入れる物によって使われる段ボールパッケージが異なるので、どの段ボールパッケージが人気なのか一概に言うことはできませんが、一般的に段ボールパッケージが進化して、強度が増すにつれ、なるべく強度のある段ボールパッケージを使おうという傾向が今までは強かったようです。

段ボールパッケージの中に何を入れるにせよ、強度があれば、どんな物も安全に運搬できますから、強度があった方が良いに決まっているというのが、今までの考え方だったのです。

しかし、バブルが弾けて日本の景気も落ち込み、どの企業も経費節減が余儀なくされました。

強度のある段ボールパッケージは、何枚も紙を使っているので必然的に価格も高め。

段ボールパッケージの有り方も見直されるようになったのです。

今までは、強度を増すためにフルート(段)をダブルで重ねて、それをライナ(板状の紙)で挟んだ段ボールパッケージが主流だったのですが、フルートを1枚にして中芯が強いライナにすることで強度をつけている段ボールパッケージが徐々に人気になってきました。

前者の段ボールパッケージをWフルート、後者の段ボールパッケージをAフルートと呼びますが、Wフルートに比べ、Aフルートの場合はフルートを減らすので、紙が2枚減り、厚さも2mm程度薄くなります。

紙が少なくなった分、段ボールパッケージの価格も安くなり、おまけに同じ大きさの場合、厚さが薄くなった分、スペースも広くなります。

スペースが広いうえに、価格も安いので、最近ではかなり重い物を入れない限り、Aフルートの段ボールパッケージが使われています。

Aフルートの段ボールパッケージは、Wフルートのものに比べて、2枚も紙を削減できるのですから、資源を節約することに繋がり、とてもエコですよね。

Aフルートの段ボールパッケージは断然おすすめです。

ロングセラー段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。