HOME >> 段ボールパッケージを検証 >> タイムレコーダーについて

タイムレコーダーについて

タイムレコーダとは、会社への出勤時刻や退社時刻、外出した時間などを自動的に記録する電動式のオフィス機器ですが、日本に登場したのは意外と早かったようです。

ダンボールを作っているメーカーにもあると思いますが、たくさんのアルバイトやパートさんがいる企業だと必要不可欠なものです。

印字された時刻や日にちによって給与計算がされ、就業時間が定まっていない正社員以外だと押し忘れた場合、上司に報告して印鑑を押してもらうなど証明をしてもらわなければなりません。

アメリカで登場した最初のタイムレコーダは時刻が印字された紙テープが出てきたものらしく、19世紀には登場しています。

日本では1931年だというのですから、アメリカよりは遅れていますが、意外に長い歴史があると感じませんか?

なんと、電子式のものがその頃に登場したとされています。

技術の進歩はあらゆる物で感じることができます。

現在は、オフィスでネットワーク化を図っている企業も多く、出社と退社をオンラインでインターネットを使って行っているところもあるようです。

筆者も10年ほど前に「イントラ」という社内ネットワークを使っており、出社したらそこを開いて操作するということをしました。社員一同のスケジュールを把握することもでき、在籍の有無もデスクにいながらにして確認ができたのです。

また、タイムレコーダ自体を廃止し、カード式にしている企業や団体もあります。

タイムカードが不要になり、カードを持っていることで出社と退社状況が分かり、なんと給与計算もそのなかで自動に行われる仕組みも取られているようです。つまり、集計作業もできてしまうのです。

このカードは身分証明書も兼ねており、社員証や学生証としても使われています。

住民基本台帳カードにはICチップが埋め込まれていますが、ICカードは行政職員や大学でも導入されていると聞きますので、それがタイムレコーダの役割も果たしているのかなとも感じます。

他にも建設業、クレジットカード、交通機関(電車やバス、飛行機など)、電子マネーにも使われています。数年前からはタスポもそうです。

それらも同一種としてみていいのかと思ったりする筆者ですが、「現金を持たない時代になる」と言われ久しいですが、電子マネーにチャージしそれで買い物をする。そのような姿を見るとセキュリティ面では気になりますが、顔写真の確認、指紋の導入などこれからもどんどん進化していくことでしょう。

ちなみに、役所手続きなどでは顔写真が掲載された証明書でなければ本人確認できないものもありました。

タイムレコーダから話がそれてしまいましたが、出勤と退社管理を簡単に導入できるのはやっぱりアナログ式かなと思ったりします。

ロングセラー段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。