HOME >> 段ボールパッケージを検証 >> 段ボールのリサイクル性

段ボールのリサイクル性

日本の段ボールの回収率は90%以上で、国外から輸入されるものも含めると100%を超えるとも言われています。

毎日毎日、私たちの家庭からは段ボール箱や雑誌、新聞などが、企業からは不要となった書類やコピー用紙などが、そしてデパートやスーパーなどの小売店からは商品の運搬に使われた後の大量の段ボール箱が排出されています。

これらの古紙は町内会や地域の自治会、ちり紙交換業者、地方自治体、古紙回収業者などによって回収されて一旦"古紙問屋"に集まり、ここでは、古紙が選別されて約1トンの直方体にプレスされて倉庫に保管されます。

そして製紙メーカーによって買い取られ、焼却されることはなくすべて水で溶かされて不純物が取り除かれ、その後で段ボールは再び段ボールの、新聞は新聞用紙の、雑誌は段ボールや板紙の原料に生まれ変わります。

つまり日本では段ボールは製造されて利用され、その役割を果たしたら再び回収されて生成処理され、新たな段ボールへと生まれ変わるというリサイクルシステムがすっかり完成されているのです。

この世界規模での地球を守るプロジェクトに、私たちも積極的に参加したいものですね。

ロングセラー段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。