HOME >> 段ボールパッケージを検証 >> 段ボールの素晴らしさを検証!

段ボールの素晴らしさを検証!

段ボールは、輸送用の梱包材以外にもさまざまな場面で活躍しています。

まず、家庭では生ごみと土壌改良剤とを混ぜて入れ、発酵させて堆肥を作るための容器になったり、押し入れの結露防止に役立ったり、お店ではセンスの良いPOPを作るための素材になったり、段ボールディスプレイではおしゃれな雰囲気を醸し出したり、さらには家具やおもちゃの材料になったり、段ボールという素材は素朴さと斬新さで常に新しい境地を切り開いています。

段ボールはこのようにたくさんの素晴らしさをもった素材ですが、中でも飛びぬけて優れたメリットは
その"リサイクル性の高さ"です。

紙を作るにはまず伐採された木材チップを蒸解釜で煮ることによって繊維を取り出し、洗浄と漂白を行って木材パルプを作り、それを原料にして製造されるという工程が必要となります。

そしてそれに伴って電気や石油も大量に消費されていきます。

また紙の原料は木材ですが、近年はこの木材を供給してくれる森林が世界的に急速に減り、この状態が継続すると近い将来には森林資源も底を尽きてしまい、そのことが原因となって地球温暖化現象が促進されることが懸念されています。

「段ボールはリサイクルの優等生」とも言われているように、再利用されることによって木材の消費を減らしたり、ごみとして燃やされることがなくなることによって二酸化炭素の量を減らすことに貢献しています。

ロングセラー段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。